HOME

慶應義塾大学環境情報学部森将輝研究室のウェブサイトへようこそ!
Welcome to the website of Masaki Mori’s Laboratory in Faculty of Environment and Information Studies, Keio University, Japan!

 

本研究室では、心理実験・調査を中心とした科学的手法を用い、心及び身体に関わる知覚・認知機能を研究しています。特に、視線知覚、空間の知覚と認知、発達障害・精神障害児者の知覚と認知、運動感覚、身体感覚、知覚・認知現象の数理解析などに関連する研究テーマに取り組んでいます。様々な知覚・認知現象の発見、モデルの検証、モデルの構成を目指しています。
研究室主宰者(森将輝)は、特に、空間の知覚と認知を専門に研究しています。これらの研究は、心理アセスメントの開発、運動パフォーマンスの評価、バーチャルリアリティの技術開発等に貢献することを目指して行っています。
The main purpose of this seminar is to study perceptual and cognitive functions relating to the mind and the body. We aim to discover various perceptual and cognitive phenomenon, to verify models, and to construct models.
The principal investigator (Masaki Mori) engages in a specialized study of visual perception, and especially spatial perception and cognition. These studies aim to contribute to the development of psychological assessment, the evaluation of motor performance, the technical development of virtual reality, etc.

 

→See the Research.
→See the PI Profile.
→See the Achievements.

RESEARCH

  • Research Interest 研究の関心
    Space Perception and Cognition  空間の知覚と認知
    Mathematical Analysis of Psychological Phenomena  心理現象の数理解析
    Perceptual Property of Children with Developmental Disability  発達障害児の知覚特性
    Relationship between Perception and Physical exercise 知覚と身体運動の関係
  •  Specialized Field 専門分野
    Experimental Psychology  実験心理学

    Mathematical Psychology  数理心理学
    Clinical Psychology  臨床心理学
    Physical Education 身体教育学

Please see the Research for the details.
詳細はResearchをご参照ください。

→Back to Home.
→See the Curriculum Vitae.
→See the Achievements.

CONTACT

Masaki Mori
森将輝

講演、講師、執筆等の依頼は、下記のアドレスまでご連絡ください。

 

 

*************************************************************
このウェブサイトは、日本学術振興会より特別研究員奨励費(16J06224
「自閉症児の早期発見システムの開発:共同注意の知覚的基盤に着目して」の助成を受けて製作されている。
This website is made to be supported by Grant-in-Aid for JSPS Research Fellow (16J06224) “Development of early detection system for autistic children: paying attention to perceptual basis of joint attention” from Japan Society for the Promotion of Science.
**************************************************************